2018年01月12日

理不尽なことが原因の恨みを晴らすなら

生きていれば一度や二度くらい理不尽な仕打ちを受けることがあります。


そんな時に必ずといっていいほど恨みは発生するもので、それを晴らしたいと思うのも当然のことです。


ですが、これは日本人特有といっていいかと思いますが我慢する方が大多数というのが現状でしょう。


理由は様々ですが恨みの晴らし方が分からない、もしくは報復が怖いといったところが多いかと思います。




結局のところこれらの理由というのは解決することができます。


そもそも問題点というのは解決するためにあると思った方が良いでしょう。


何も恐れることはないのです。




最も堅実な選択肢としては復讐屋などの第三者に頼んでみるというのが良いですがケースバイケースです。


なぜなら「そこまで大したことない恨み」である場合あまりにも大掛かりな行動というのはコストの無駄になりかねません。


自分ではどうすることもできないが恨みを晴らさないと気が済まないというケースで利用すべきでしょう。

2017年12月26日

恨みを晴らす条件を考えてから復讐を実行する

恨みを晴らす条件ときくと何を言っているんだという気になってくるかもしれません。


しかしこれは非常に重要なことで考えなしに復讐を実行しても恨みが晴れなくなってしまいます。


なぜなら復讐というのは恨みを晴らすための条件をクリアする行為であって、それが目的ではないからです。


あくまで目的は恨みを晴らすこと、それ以外にはあり得ません。




例えば何でもいいから復讐をしたい、そうすれば恨みが晴れるというケースも一部であります。


だとしても復讐は恨みを晴らすための解決策であり、それ自体が目的にはなっていません。


結局のところ恨みを晴らす条件がなんなのか、それをクリアする為の復讐をどう実行していくかが肝心です。




手順としてはシンプルで全てを逆算で考えていけば良いです。


その過程において一人ではどうにもならない場合は復讐屋などの第三者を頼るのも良いでしょう。


やはり素人よりもプロの方が技術も知識も長けているのは間違いありませんから。
posted by mine at 14:28| Comment(0) | 恨みを晴らす方法の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

恨みを晴らす方法は本当に実行できるか検討することが必要

恨みを晴らす方法はいくらでも探すことができますが、それを鵜呑みにすることはできません。


現実的に考えて本当に実行できるのか、また効果はあるのかを検討した方が良いでしょう。


というよりかはすべきと思った方が良いです。




結局のところ恨みを晴らす方法など、人が食いつきやすい話というのは創作である可能性も否定できません。


要するに字面だけ見て面白そうと感じたものを積極的に掲載していきます。


つまり現実的なことを何一つ考えていない方法などもあるのです。


それを鵜呑みにしても全く意味がないことは理解できると思います。




とはいえ自分でどうこう判断することが難しいケースというのもあります。


そのような時は復讐屋などの第三者に助力をお願いすることが良いでしょう。


友人知人でも問題ありませんが、信頼できる方に相談するというのが前提になります。
posted by mine at 14:21| Comment(0) | 恨みを晴らす方法の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする