2018年07月16日

パワハラの恨みを晴らす方法は二者択一

パワハラという言葉が出てきてしばらく経ちますが、未だに行為はおこなわれ被害を受けて恨みを持つ方は後を絶ちません。


基本としてパワハラは職場などの上長、上の立場の人物から受ける行為ですから恨みを晴らすにも今後を考え踏みとどまるという方が多いです。


結局のところパワハラに対して恨みを晴らす方法というのは2つの選択肢から1つを選ぶ必要が出てきます。




1つは自分が今のコミュニティないし職場を離脱することも覚悟した上で事を公にして上長に対して断固とした制裁を加えていく。


もう1つは公にすることなく密かにターゲットへ復讐や制裁を加え、自分が首謀者であることを悟らせないようにしていく。


このどちらかを選んだ上で適切な行動をとっていかなければ中途半端に終わってしまい、結局自分が損をするという展開になります。




いずれにせよパワハラの証拠を掴むことが何よりも重要だったりもしますが、後者の方法に関しては証拠がなくても復讐をすることができます。


分かりやすい例としては第三者である復讐屋を介入させて復讐を遂行していくという方法で、自分がまったく動かない以上、首謀者も分かりません。


しかしデメリットというか対価は必要になってしまいますから、どの程度の復讐心を持っているかにもよるかもしれません。

2018年06月30日

悪用厳禁の恨みを晴らす方法ほど効果のないものは存在しない

復讐方法など「一般的に悪いこと」と判断される情報を公開する時に決まって掲示されているのが悪用厳禁という言葉です。


しかし恨みを晴らす方法においてその言葉は全く意味を成さず期待して使ったとしても効果がほとんどないと思った方が良いでしょう。


結局のところ復讐方法、恨みを晴らす方法というのは誰かが予め用意しておけるほど単純なものではないからです。




情報を公開した方の立場にたって考えてみると、悪用厳禁としたのは見聞きした方法が絶大な効果を発揮していたからに他なりません。


であれば自分のケースでも、と思いたくもなるかもしれませんが、効果があったのはその見聞きした事例の相手であり、自分の相手ではありません。


万に一つ同じ相手だったとしたら間違いなく効果はあるでしょうけども、そんな奇跡は期待するだけ損というのは間違いないでしょう。




恨みを晴らすためには相手の弱点を突かなければ効果が得られず、恨みを晴らすこともできません。


その相手というのはまさしくケースバイケースですから予め用意された方法で解決することを期待してしまう方が間違いです。


まだ自分で計画を練るなり復讐屋に相談するなりした方が前向きな行動であることに否定の余地はないと言えるでしょう。

2018年06月21日

恨みを晴らすことは仇討とは全く違う

自分の恨みを晴らすという行為は、仇討や敵討とは似てるようで全く異なるものだと思った方が良いです。


むしろ仇討というのは誰かの恨みを代わって晴らすという観点でいえば、復讐屋がやっている復讐代行に近いものがあります。


恨みであることには変わりありませんが、それを本来持っていた人物が自分か他人かというのはかなりの違いがあるものです。




そもそも恨みというものは肩代わりするものではなく、恨みを晴らすことを肩代わりしているような状態です。


だからこそ他人の恨みを代わって晴らすというのは冷静になれる場合が自分で恨みを持つよりも多いパターンとなります。


これは一つのメリットで復讐というのは冷静に行動し、状況を見極めて次の選択肢を選んでいかなければなりません。




しかし武士の時代の仇討に代表されるように、親しい人物の恨みを代わって晴らすとなるとかえって感情的になりやすかったりもします。


そのような状態で復讐行為をしても上手くいく確率は低くなってしまいますから、あくまで冷静に動いていくことが大切です。


どうしても冷静になれないのであれば、復讐屋などのプロという選択肢も検討した方が良いでしょう。