2018年08月27日

恨みを晴らす実践的な方法というのはシチュエーションが限定されている

自分のケースで実践的な恨みを晴らす方法を探そうとするのは間違いではありませんが森の中で印のついた葉っぱを探すようなものです。


紹介されているようなものというのは、ごく限定されたシチュエーションの中で使えるものであることが多く、それを流用するには応用力が必要です。


応用力といっても仕事のように過去の経験を踏まえて上手くやるという訳でもなく、そのシチュエーション自体はじめてなのですから、相当難しいものとなります。




恨みを晴らす、つまりは復讐というものが一筋縄ではいかない理由のひとつが個々のケースが全く別物であるということです。


たとえ自分が人生で何度目かの復讐であったとしても、時期も場所も相手もと環境の多くが違うものであることが多いですから、それは新規の復讐となってしまいます。


そうなるとぶっつけ本番を如何に上手くやるかということにもなりますし、紹介された事例を適用させるのも難易度はずっと高いものです。




だからといって復讐なんて上手くいかないからやるなということではなくて、相手の方から逆算していくことをオススメします。


相手の弱点となるものが別れば、そこを突けるような事例を引っ張りだしてくれば良いですから先程よりも難易度が少しは下がっているはずです。


とはいえ簡単ではないことに変わりありませんから、時間がなかったり難しかったりした場合は復讐屋というのも1つの手になってきます。

2018年08月02日

地位の高い相手に恨みを晴らす時にすべきこと

自分よりも地位の高い相手に対して恨みを晴らすのであれば、事前に選ぶべき選択肢が存在します。


それは「自分の復讐とバレないようにする」か「ターゲットより更に地位の高い人物を味方にする」のどちらか、あるいは両方です。




地位の格差を気にするということは、特定のコミュニティ内での復讐ということが必然的になってきます。


そのような状況において恨みを晴らす行為を実行するということは、すなわちコミュニティ内での活動に影響を及ぼすということです。


仕事であれサークル活動であれママ友関係であれ、自分とターゲットの間で何かしらの変化が出てこなければ恨みも晴らせません。


しかしそのような変化というのは、事前の準備なくしては自分の生活に支障をきたしてしまう結果となったりもします。




たとえば仕事であれば自分がやったとバレることは、降格や退職のリスクなどに繋がりますがターゲットよりも更に地位が高い人物が味方にいれば防波堤になってくれます。


あるいは自分がやったとバレないような復讐方法を選べば、元よりリスクというのはなくなる訳ですから、冒頭の選択肢は非常に重要なものとなります。


第三の選択肢として復讐屋など第三者の協力を得るというものもありますが、まずは自分で何ができるか考え、どうしようもなければ検討で良いかと思います。
posted by mine at 19:52| Comment(0) | 恨みを晴らす方法の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

パワハラの恨みを晴らす方法は二者択一

パワハラという言葉が出てきてしばらく経ちますが、未だに行為はおこなわれ被害を受けて恨みを持つ方は後を絶ちません。


基本としてパワハラは職場などの上長、上の立場の人物から受ける行為ですから恨みを晴らすにも今後を考え踏みとどまるという方が多いです。


結局のところパワハラに対して恨みを晴らす方法というのは2つの選択肢から1つを選ぶ必要が出てきます。




1つは自分が今のコミュニティないし職場を離脱することも覚悟した上で事を公にして上長に対して断固とした制裁を加えていく。


もう1つは公にすることなく密かにターゲットへ復讐や制裁を加え、自分が首謀者であることを悟らせないようにしていく。


このどちらかを選んだ上で適切な行動をとっていかなければ中途半端に終わってしまい、結局自分が損をするという展開になります。




いずれにせよパワハラの証拠を掴むことが何よりも重要だったりもしますが、後者の方法に関しては証拠がなくても復讐をすることができます。


分かりやすい例としては第三者である復讐屋を介入させて復讐を遂行していくという方法で、自分がまったく動かない以上、首謀者も分かりません。


しかしデメリットというか対価は必要になってしまいますから、どの程度の復讐心を持っているかにもよるかもしれません。