2018年10月15日

報復なく恨みを晴らす方法

報復を恐れて恨みを晴らすことができない方は多いですが、では報復なく恨みを晴らす方法というのはどういうものでしょうか。


と考えて計画を修正した上で実行する方というのは実際のところあまり多くなく、大多数が報復のリスクを感じた時点で思考停止してしまいます。


しかしキッチリと計画を立てて行動することによって報復を恐れる必要はなくなりますので、恨みを晴らす為に進んでいきたいところです。




報復を受けないようにするにはどうしたら良いのか?というのを、まずは復讐方法とは別個で考えていくことをオススメします。


そもそも報復というのは復讐と同じく実行者と被る者がいて初めて成立するものですから、どちらかが存在しないor不明であれば成立しません。


ただし実行者がいないのに報復も何もありませんから、この場合は報復を受ける者が誰なのか分からないようにするということが重要です。




つまりは自分が復讐したことがバレないようにするというのが唯一無二の方法であり、そのような復讐方法を計画すれば良いということになります。


どれだけ報復に対するリスクを重要視しているのかにもよりますが、王道的なのは可能な限り自分と接点がない人物が復讐を実行してくれることが望ましいです。


復讐屋などは最たる例で他人からすれば全く接点が見えないので理想的ですが、費用も掛かりますので知人や友人のなかで信頼できる人物を探すという選択をする方も多いです。


ですがより身近な人物ほど接点は多いということになりますから、リスクと比べてどの辺りを選ぶかということが重要になってくるでしょう。
posted by mine at 20:46| Comment(0) | 恨みを晴らす方法の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

恨みを晴らす実践的な方法というのはシチュエーションが限定されている

自分のケースで実践的な恨みを晴らす方法を探そうとするのは間違いではありませんが森の中で印のついた葉っぱを探すようなものです。


紹介されているようなものというのは、ごく限定されたシチュエーションの中で使えるものであることが多く、それを流用するには応用力が必要です。


応用力といっても仕事のように過去の経験を踏まえて上手くやるという訳でもなく、そのシチュエーション自体はじめてなのですから、相当難しいものとなります。




恨みを晴らす、つまりは復讐というものが一筋縄ではいかない理由のひとつが個々のケースが全く別物であるということです。


たとえ自分が人生で何度目かの復讐であったとしても、時期も場所も相手もと環境の多くが違うものであることが多いですから、それは新規の復讐となってしまいます。


そうなるとぶっつけ本番を如何に上手くやるかということにもなりますし、紹介された事例を適用させるのも難易度はずっと高いものです。




だからといって復讐なんて上手くいかないからやるなということではなくて、相手の方から逆算していくことをオススメします。


相手の弱点となるものが別れば、そこを突けるような事例を引っ張りだしてくれば良いですから先程よりも難易度が少しは下がっているはずです。


とはいえ簡単ではないことに変わりありませんから、時間がなかったり難しかったりした場合は復讐屋というのも1つの手になってきます。

2018年08月02日

地位の高い相手に恨みを晴らす時にすべきこと

自分よりも地位の高い相手に対して恨みを晴らすのであれば、事前に選ぶべき選択肢が存在します。


それは「自分の復讐とバレないようにする」か「ターゲットより更に地位の高い人物を味方にする」のどちらか、あるいは両方です。




地位の格差を気にするということは、特定のコミュニティ内での復讐ということが必然的になってきます。


そのような状況において恨みを晴らす行為を実行するということは、すなわちコミュニティ内での活動に影響を及ぼすということです。


仕事であれサークル活動であれママ友関係であれ、自分とターゲットの間で何かしらの変化が出てこなければ恨みも晴らせません。


しかしそのような変化というのは、事前の準備なくしては自分の生活に支障をきたしてしまう結果となったりもします。




たとえば仕事であれば自分がやったとバレることは、降格や退職のリスクなどに繋がりますがターゲットよりも更に地位が高い人物が味方にいれば防波堤になってくれます。


あるいは自分がやったとバレないような復讐方法を選べば、元よりリスクというのはなくなる訳ですから、冒頭の選択肢は非常に重要なものとなります。


第三の選択肢として復讐屋など第三者の協力を得るというものもありますが、まずは自分で何ができるか考え、どうしようもなければ検討で良いかと思います。
posted by mine at 19:52| Comment(0) | 恨みを晴らす方法の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする