2017年10月31日

恨みを晴らす手段として呪いについて真剣に考えてみる

占い・おまじない・呪いなどが本当に効果があるのか、ということをお話するつもりはありません。


あくまで呪いの類で恨みを晴らすことができるかどうかという話になりますが、結論として一部の方は晴らせるのではないかと思います。




なぜ一部になるのかというと、恨みを晴らすことを目的に復讐を計画している方というのは人によって恨みの度合いが違います。


その違いによってどこまで大掛かりな復讐をしなければならないのか、またターゲットをどこまで堕とす必要があるのかが変わってきます。


またその中でも比較的恨みの度合いが小さい方というのは、ちょっとした嫌がらせ程度の復讐でも気が晴れる方もいます。


そんな方であれば呪いの類でも実行すれば復讐として成立するのではないでしょうか。


その呪いの結果はどうであろうとも行動はしたのですから、気が晴れるというカラクリになってきます。




さて、恨みの度合いが大きい方というのは相手の状況を大きく変化させない限り恨みが晴れることもありません。


そのようなケースにおいて呪いで復讐が成立するのかというと、正直なところ確実性に欠けるのではないでしょうか。


世の中の事例としてタイミング的に呪いが効いてるのではないか?という話もよく見たり聞いたりします。


しかし確実な呪いというものは存在しません。


呪いの類に効果がないと考える方からすれば、確実以前に効きません。


効果があると考える方からすれば、呪いを防ぐ術というのも存在している訳ですから確実というのはあり得ないのです。




要するに大きな復讐において呪いというのは不確定要素になってしまいます。


ですので確実性を求めるなら自分でやらないにせよ復讐屋などに相談し、依頼を検討した方が良いかと思います。

2017年10月30日

恨みを晴らすには着地点を明確にしなければいけない

復讐をして恨みを晴らすということを考えだすと、その手段にばかり目がいって肝心なことに気が回らなくなります。


そもそも復讐をするのは恨みを晴らすには、ということであって方法や手段が目的ではありません。


恨みを晴らすには相手がどうなれば良いのか、その着地点によって方法が決まってくるべきなのです。




だからこそ本来の目的を達成する為には必ず相手がどうなるのか結末・着地点を明確にした上で計画を練っていく必要があります。


これはどんな復讐であっても同じことがいえます。


つまりは着地点なくして復讐の成功はあり得ないのです。




単に何でもいいから復讐をすれば恨みが晴れるという方であっても「復讐をする」という着地点が存在しています。


しかしそのような動くだけで恨みが晴れる方というのはごくごく少数のはずです。


殆どの方はターゲットが何かしらの状態に陥らない限り解決するということはあり得ないはずです。


ただそこまで難しく考える必要はなく、要するに順序立てて考えていけば何ら問題がない話です。




とある理由で恨みを持ったので、復讐する相手がどうなれば恨みが晴れるのか。


またその為に何をするか、一人で出来るか友人や復讐屋などの協力を得るか、といった流れで考えていけば良いだけです。
posted by mine at 17:23| Comment(0) | 恨みを晴らすには必須なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

恨みを晴らすことを代行してもらうなら復讐屋へ

今の時代とても便利なサービスで溢れていて、様々なものを代行してくれる業者が存在しています。


恨みを晴らすことでさえ復讐屋という代行サービスがあるくらいですから、法的に問題がなければどんなものでも引き受けてくれる世界です。




さて、そうなると復讐屋はどうなのか?という話ですが、これも問題が全くありません。


そもそも復讐という言葉の響きがネガティブで悪いイメージを引き起こしているだけだったりします。


というか恨みを晴らす為の復讐そのものが法に触れるなら今の世の中は犯罪者だらけです。


しかしそういうことではないでしょう、事実としてそうではありません。


つまりは法に触れず恨みを晴らすことができるからこそ、それを代行する復讐屋が存在できるのです。




もちろん復讐というのはナイーブなもので、法に触れることもやろうと思えばできてしまいます。


しかし業者だからこそ線引をしっかりとして対応している訳で、逆にだからこそ業者として運営ができます。


仮に依頼者が法に触れることを依頼したら依頼者もろとも同罪となりますので、そのあたりの大きなリスクも抑止力になっているのでしょう。




利用のしどころとしては自分だけで対処できない復讐をしないと恨みが晴れない場合、業者に代行してもらうというところです。


単なる便利屋でさえ1時間の雑用をお願いしただけで5000円ほどかかるくらいですから、復讐を専門としている特殊な事情からも前述の便利屋よりも高額な依頼料が必要です。


それくらいの価格感なのに少し恨みを持っただけでポンポン頼むということはできませんから、自分で難しいならということが良いでしょう。