2018年01月30日

恨みを晴らす恐怖と恨みを晴らさない恐怖

何ごとも恐怖というのはつきものですが復讐に関していえば恨みを晴らす恐怖と恨みを晴らさない恐怖があります。


どういう意味か分からないかもしれませんが、言葉通りに取って頂いて問題ないことです。


恨みを晴らすことによって降りかかる今後に対する恐怖、つまりは報復などです。


それに対して恨みを晴らさないことで延々と恨みの原因などがフラッシュバックしていくことの恐怖が後者です。




どちらが良いということもありませんが、恨みを晴らす恐怖については解決策があります。


恨みを晴らさない恐怖については自分が耐える必要があるだけで解決策は復讐するか忘れるかしかありません。


しかしふとしたキッカケで蘇るからこそのフラッシュバックですから、忘れるというのは根治させる手段ではないのです。


よって結局のところは復讐して恨みを晴らさないと解決したことにはなりません。


そして恨みを晴らすことによる恐怖も解決して復讐を完結させなければなりません。




報復などを恐れるのは悪いことではありませんが、要するにその手の不安要素がないように復讐をすれば良いのです。


自分一人で実行しようとしても稚拙な方法しか思いつかない、ということなら復讐屋なりを頼れば良いでしょう。


方法は幾らでもあるのです、問題は恐れて停滞してしまっていることにあります。


恨みを持った状態で停滞するということは無意味に自分が耐えなければならないということです。


復讐することを前提に考えれば、この忍耐は無駄でしかありません。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください