2018年02月19日

恨みを晴らすと決めたら躊躇してはいけない

せっかく恨みを晴らすと決意したのに躊躇してしまう方がいます。


正直いってこれはいただけません。


躊躇するくらいなら最初から恨みを晴らすこと自体を諦めた方が良かったかもしれません。




もしくは採用した手段の問題である可能性も否めません。


躊躇するということは誤解を恐れずいえば覚悟が足りなかったということです。


そんな状態でも恨みを晴らすのであれば復讐屋にでも頼むことを検討すべきでしょう。




目的は恨みを晴らすことです。


そのために復讐を実行するという手段がありますから、その手段は確実に履行しなければなりません。


であれば躊躇するくらいであれば他人に任せてしまった方が得策なのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください