2018年10月15日

報復なく恨みを晴らす方法

報復を恐れて恨みを晴らすことができない方は多いですが、では報復なく恨みを晴らす方法というのはどういうものでしょうか。


と考えて計画を修正した上で実行する方というのは実際のところあまり多くなく、大多数が報復のリスクを感じた時点で思考停止してしまいます。


しかしキッチリと計画を立てて行動することによって報復を恐れる必要はなくなりますので、恨みを晴らす為に進んでいきたいところです。




報復を受けないようにするにはどうしたら良いのか?というのを、まずは復讐方法とは別個で考えていくことをオススメします。


そもそも報復というのは復讐と同じく実行者と被る者がいて初めて成立するものですから、どちらかが存在しないor不明であれば成立しません。


ただし実行者がいないのに報復も何もありませんから、この場合は報復を受ける者が誰なのか分からないようにするということが重要です。




つまりは自分が復讐したことがバレないようにするというのが唯一無二の方法であり、そのような復讐方法を計画すれば良いということになります。


どれだけ報復に対するリスクを重要視しているのかにもよりますが、王道的なのは可能な限り自分と接点がない人物が復讐を実行してくれることが望ましいです。


復讐屋などは最たる例で他人からすれば全く接点が見えないので理想的ですが、費用も掛かりますので知人や友人のなかで信頼できる人物を探すという選択をする方も多いです。


ですがより身近な人物ほど接点は多いということになりますから、リスクと比べてどの辺りを選ぶかということが重要になってくるでしょう。
posted by mine at 20:46| Comment(0) | 恨みを晴らす方法の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください