2018年04月11日

恨みを晴らすというのは何を果たすかということ

恨みを晴らすというのは実のところ非常に抽象的な言葉だったりします。


恨みがあるから晴らしたいのは分かりますが、何をもって恨みを晴らせるかは本人にしか分からないことです。


自分で復習を最後までやり遂げるなら自分で何を果たせば良いか考えるだけで良いともいえます。




しかし復讐屋など復讐代行を依頼するとなると、これはもう恨みを晴らしたいだけでは解決しない状態になります。


ターゲットに対して何が起これば恨みが晴れるのか、何を果たすことで恨みを晴らせるのかを明確に伝えないといけません。


また解決方法は1つではないため、一歩進んだ相談をする必要があります。




基本的にどんな手段で復讐を行なったとしても恨みが晴れるか晴れないかは自分にしか分かりません。


だからこそしっかりと言葉で復讐の着地点を伝えることが何よりも重要です。


例え1人で復讐を遂げるとしても方針がブレないというメリットがありますから、何を果たすべきかは事前にはっきり決めるべきでしょう。
posted by mine at 13:23| Comment(0) | 恨みを晴らす方法の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

恨みを晴らす時にメールを使うのは望ましくない

端的に恨みを晴らすとなるとメールや電話などで話をつけようとするかもしれません。


しかし恨みを晴らす、つまり復讐においてメールなどで攻撃をすると思わぬところで落とし穴にハマる可能性があります。




そもそもメールというのは文字が全て残るようになっていますから、少しでも法に触れることを言ってしまったらアウトです。


それに加えて恨みを晴らすために復讐心を燃やしている訳です。


これで攻撃的な言葉が出ないわけありませんから、法に触れようとすれば簡単に触れてしまう状況ということです。




結局のところメールで恨みを晴らすというのはリスキーでしかないという結論になります。


簡単に済むので楽かもしれませんが、リスクとリターンが見合う選択肢を選ばないと自滅してしまいます。


これらをバランス良く検討し自分でやるか復讐屋などに任せてしまうかなどを考えていくと良いでしょう。
posted by mine at 14:48| Comment(0) | 恨みを晴らす方法の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

恨みを晴らす条件を考えてから復讐を実行する

恨みを晴らす条件ときくと何を言っているんだという気になってくるかもしれません。


しかしこれは非常に重要なことで考えなしに復讐を実行しても恨みが晴れなくなってしまいます。


なぜなら復讐というのは恨みを晴らすための条件をクリアする行為であって、それが目的ではないからです。


あくまで目的は恨みを晴らすこと、それ以外にはあり得ません。




例えば何でもいいから復讐をしたい、そうすれば恨みが晴れるというケースも一部であります。


だとしても復讐は恨みを晴らすための解決策であり、それ自体が目的にはなっていません。


結局のところ恨みを晴らす条件がなんなのか、それをクリアする為の復讐をどう実行していくかが肝心です。




手順としてはシンプルで全てを逆算で考えていけば良いです。


その過程において一人ではどうにもならない場合は復讐屋などの第三者を頼るのも良いでしょう。


やはり素人よりもプロの方が技術も知識も長けているのは間違いありませんから。
posted by mine at 14:28| Comment(0) | 恨みを晴らす方法の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする