2017年10月24日

神社で恨みを晴らすということの意味

特に女性に多い傾向があると思いますが、神頼みや占いの類は誰しもが通った道かと思います。


実際のところ神聖な場所、いわゆるパワースポットにはそういった見えない力があると言われています。


が、その手の力というのはプラス方向に進む為のものとされているはずです。




そこで復讐に始まり恨みを晴らすという行為を神社などで実現することができるのかというお話です。


結論からいえば、これは考え方次第になってくると思います。


そもそも復讐というのは恨みを晴らすことによって清々しい生活を取り戻すための行為です。


つまりは自分にとってプラス方向に進むといっても差し支えないでしょう。


ですが世間的に復讐というのはネガティブなイメージがあります。


世間的にといいましたが恨みを持つ方それぞれも同じような印象があるはずです。




神社など神格を祀っている場所というのは本質的に聖の属性であって、ネガティブなもの、つまり邪を祓うところになります。


ということは恨みを忘れるために神社へ参拝し破邪を受けるという方向性であれば利用する価値があるかもしれません。


しかし神頼みで復讐を遂行しようとするのは方向性が違うと言わざるを得ないでしょう。




これらのことをまとめると、復讐を実行した訳ではなく恨みを忘れて元の生活に戻りたいなら神社などで行くのも良いかと思います。


しかし復讐したい相手に何かアクシデントが起きないか期待して神頼みをするというのは大きな間違いだといえます。


それを神頼みするくらいなら、復讐屋に頼み込んだ方がよほど建設的でしょうということですね。