2018年07月16日

パワハラの恨みを晴らす方法は二者択一

パワハラという言葉が出てきてしばらく経ちますが、未だに行為はおこなわれ被害を受けて恨みを持つ方は後を絶ちません。


基本としてパワハラは職場などの上長、上の立場の人物から受ける行為ですから恨みを晴らすにも今後を考え踏みとどまるという方が多いです。


結局のところパワハラに対して恨みを晴らす方法というのは2つの選択肢から1つを選ぶ必要が出てきます。




1つは自分が今のコミュニティないし職場を離脱することも覚悟した上で事を公にして上長に対して断固とした制裁を加えていく。


もう1つは公にすることなく密かにターゲットへ復讐や制裁を加え、自分が首謀者であることを悟らせないようにしていく。


このどちらかを選んだ上で適切な行動をとっていかなければ中途半端に終わってしまい、結局自分が損をするという展開になります。




いずれにせよパワハラの証拠を掴むことが何よりも重要だったりもしますが、後者の方法に関しては証拠がなくても復讐をすることができます。


分かりやすい例としては第三者である復讐屋を介入させて復讐を遂行していくという方法で、自分がまったく動かない以上、首謀者も分かりません。


しかしデメリットというか対価は必要になってしまいますから、どの程度の復讐心を持っているかにもよるかもしれません。

2018年06月21日

恨みを晴らすことは仇討とは全く違う

自分の恨みを晴らすという行為は、仇討や敵討とは似てるようで全く異なるものだと思った方が良いです。


むしろ仇討というのは誰かの恨みを代わって晴らすという観点でいえば、復讐屋がやっている復讐代行に近いものがあります。


恨みであることには変わりありませんが、それを本来持っていた人物が自分か他人かというのはかなりの違いがあるものです。




そもそも恨みというものは肩代わりするものではなく、恨みを晴らすことを肩代わりしているような状態です。


だからこそ他人の恨みを代わって晴らすというのは冷静になれる場合が自分で恨みを持つよりも多いパターンとなります。


これは一つのメリットで復讐というのは冷静に行動し、状況を見極めて次の選択肢を選んでいかなければなりません。




しかし武士の時代の仇討に代表されるように、親しい人物の恨みを代わって晴らすとなるとかえって感情的になりやすかったりもします。


そのような状態で復讐行為をしても上手くいく確率は低くなってしまいますから、あくまで冷静に動いていくことが大切です。


どうしても冷静になれないのであれば、復讐屋などのプロという選択肢も検討した方が良いでしょう。

2018年02月19日

恨みを晴らすと決めたら躊躇してはいけない

せっかく恨みを晴らすと決意したのに躊躇してしまう方がいます。


正直いってこれはいただけません。


躊躇するくらいなら最初から恨みを晴らすこと自体を諦めた方が良かったかもしれません。




もしくは採用した手段の問題である可能性も否めません。


躊躇するということは誤解を恐れずいえば覚悟が足りなかったということです。


そんな状態でも恨みを晴らすのであれば復讐屋にでも頼むことを検討すべきでしょう。




目的は恨みを晴らすことです。


そのために復讐を実行するという手段がありますから、その手段は確実に履行しなければなりません。


であれば躊躇するくらいであれば他人に任せてしまった方が得策なのです。