2018年02月19日

恨みを晴らすと決めたら躊躇してはいけない

せっかく恨みを晴らすと決意したのに躊躇してしまう方がいます。


正直いってこれはいただけません。


躊躇するくらいなら最初から恨みを晴らすこと自体を諦めた方が良かったかもしれません。




もしくは採用した手段の問題である可能性も否めません。


躊躇するということは誤解を恐れずいえば覚悟が足りなかったということです。


そんな状態でも恨みを晴らすのであれば復讐屋にでも頼むことを検討すべきでしょう。




目的は恨みを晴らすことです。


そのために復讐を実行するという手段がありますから、その手段は確実に履行しなければなりません。


であれば躊躇するくらいであれば他人に任せてしまった方が得策なのです。

2018年01月12日

理不尽なことが原因の恨みを晴らすなら

生きていれば一度や二度くらい理不尽な仕打ちを受けることがあります。


そんな時に必ずといっていいほど恨みは発生するもので、それを晴らしたいと思うのも当然のことです。


ですが、これは日本人特有といっていいかと思いますが我慢する方が大多数というのが現状でしょう。


理由は様々ですが恨みの晴らし方が分からない、もしくは報復が怖いといったところが多いかと思います。




結局のところこれらの理由というのは解決することができます。


そもそも問題点というのは解決するためにあると思った方が良いでしょう。


何も恐れることはないのです。




最も堅実な選択肢としては復讐屋などの第三者に頼んでみるというのが良いですがケースバイケースです。


なぜなら「そこまで大したことない恨み」である場合あまりにも大掛かりな行動というのはコストの無駄になりかねません。


自分ではどうすることもできないが恨みを晴らさないと気が済まないというケースで利用すべきでしょう。

2017年10月27日

恨みを晴らすことを代行してもらうなら復讐屋へ

今の時代とても便利なサービスで溢れていて、様々なものを代行してくれる業者が存在しています。


恨みを晴らすことでさえ復讐屋という代行サービスがあるくらいですから、法的に問題がなければどんなものでも引き受けてくれる世界です。




さて、そうなると復讐屋はどうなのか?という話ですが、これも問題が全くありません。


そもそも復讐という言葉の響きがネガティブで悪いイメージを引き起こしているだけだったりします。


というか恨みを晴らす為の復讐そのものが法に触れるなら今の世の中は犯罪者だらけです。


しかしそういうことではないでしょう、事実としてそうではありません。


つまりは法に触れず恨みを晴らすことができるからこそ、それを代行する復讐屋が存在できるのです。




もちろん復讐というのはナイーブなもので、法に触れることもやろうと思えばできてしまいます。


しかし業者だからこそ線引をしっかりとして対応している訳で、逆にだからこそ業者として運営ができます。


仮に依頼者が法に触れることを依頼したら依頼者もろとも同罪となりますので、そのあたりの大きなリスクも抑止力になっているのでしょう。




利用のしどころとしては自分だけで対処できない復讐をしないと恨みが晴れない場合、業者に代行してもらうというところです。


単なる便利屋でさえ1時間の雑用をお願いしただけで5000円ほどかかるくらいですから、復讐を専門としている特殊な事情からも前述の便利屋よりも高額な依頼料が必要です。


それくらいの価格感なのに少し恨みを持っただけでポンポン頼むということはできませんから、自分で難しいならということが良いでしょう。