2018年06月30日

悪用厳禁の恨みを晴らす方法ほど効果のないものは存在しない

復讐方法など「一般的に悪いこと」と判断される情報を公開する時に決まって掲示されているのが悪用厳禁という言葉です。


しかし恨みを晴らす方法においてその言葉は全く意味を成さず期待して使ったとしても効果がほとんどないと思った方が良いでしょう。


結局のところ復讐方法、恨みを晴らす方法というのは誰かが予め用意しておけるほど単純なものではないからです。




情報を公開した方の立場にたって考えてみると、悪用厳禁としたのは見聞きした方法が絶大な効果を発揮していたからに他なりません。


であれば自分のケースでも、と思いたくもなるかもしれませんが、効果があったのはその見聞きした事例の相手であり、自分の相手ではありません。


万に一つ同じ相手だったとしたら間違いなく効果はあるでしょうけども、そんな奇跡は期待するだけ損というのは間違いないでしょう。




恨みを晴らすためには相手の弱点を突かなければ効果が得られず、恨みを晴らすこともできません。


その相手というのはまさしくケースバイケースですから予め用意された方法で解決することを期待してしまう方が間違いです。


まだ自分で計画を練るなり復讐屋に相談するなりした方が前向きな行動であることに否定の余地はないと言えるでしょう。

2018年02月08日

関係のないところで恨みを晴らす意味はない

恨みを晴らすというのは当事者同士で発生すべきことで、関係のないところで恨みを晴らすという流れに乗る方がいます。


実際のところ行動に出た時には恨みも薄れるとは思いますが結局は本来のターゲットにダメージがなければ恨みはぶり返します。


ですので結論からいえば関係のないところで恨みを晴らす意味はないということになります。




つまるところ本来の復讐相手に何かしらを実行する手立てがないから関係のないところ、という考え方なのだと思います。


しかし関係がないところに何をしても本質的には解決したことにならないのです。


さながら復讐せずに恨みを忘れようとしているのと似たような状況といえます。




忘れようとしても結局はキッカケさえあれば思い出してしまうのが恨みというものです。


復讐屋なり知り合いなりを利用してでも本来の相手に復讐しないことには何も始まらないのです。

2017年11月06日

まず相手がどうなれば恨みを晴らすことができるか考える

誰かを恨んで直感的に復讐してしまうという方は非常に多いですが、その殆どはろくに復讐しきれず恨みを晴らすことができずに終わります。


そもそも相手が何かしらしてきて恨みを持ったのですから、感情的な自己完結の復讐で上手くいくはずがないのです。


恨みを晴らすなら相手をどうしたいかキッチリ考えていくことは必須だと思うべきでしょう。




逆にしっかり相手をどうしたいので、こういう復讐をすると計画を立てて行動した方ほど上手くいき、恨みを晴らすことができています。


何ごとも計画性とはよく言ったものですが、恨みを晴らすことだって計画性が大切なのです。


特に難しいことを考える必要もなく相手がどうすれば自分が満足する=恨みを晴らすことができるかという点を考えることがスタート地点です。




もちろん復讐の着地点が決まれば行動の為の計画に入っていくわけですが、様々な事情により計画することや行動することが難しいなら第三者の手を借りることだって可能です。


最もシンプルかつ頼れるところとして復讐屋などの工作業者というのが候補に挙がります。


業者ですから料金はかかりますが毎日それぞれの専門分野に従事していますから、素人が復讐するよりも効率的ですし確実性も上がります。


そこまでして復讐したい訳ではないということなら利用する必要もありませんが、失敗して後悔する姿を想像してしまうくらいなら相談くらいはしましょう。


結局のところ一番優先すべきことは恨みを晴らすことができるかどうかなのですから。