2018年03月01日

恨みを晴らすのは全て自分次第である

恨みを晴らすからには当然ながら誰かに恨みがあるわけで、それをどうするかは結局のところ自分次第です。


やるかやらないかということになりますが、恨みを晴らさずストレスに耐える状況になってしまった場合は悲惨です。


自分一人で溜め込んでしまいますからどんどんハマっていってしまいます。


ですので晴らすも晴らさないも恨みの度合いで決めた方が良いかもしれません。




恨みを晴らすなら晴らすでキッチリやっていくべきですし、やらないなら直ぐ水に流してしまった方が良いです。


恨みがぶり返すというのは大きな恨みを無理やり押さえ込んで忘れようとしているケースで、これが最も良くないパターンになります。


自分で決めたことですので、その選択を否定も肯定もしませんが後悔だけはしない選択をすることをオススメします。




恨みを晴らすと決めたら後は自分でやるか他人でやるかの選択になってきます。


自分一人でやるのは手っ取り早いですが限界も早いですから、より堅くいくなら他人の協力も得た方が良いでしょう。


友人や知人に相談するでも良いですし、復讐屋に相談するでも良いです。


やると決めたからにはやり遂げることが重要です。

2018年02月19日

恨みを晴らすと決めたら躊躇してはいけない

せっかく恨みを晴らすと決意したのに躊躇してしまう方がいます。


正直いってこれはいただけません。


躊躇するくらいなら最初から恨みを晴らすこと自体を諦めた方が良かったかもしれません。




もしくは採用した手段の問題である可能性も否めません。


躊躇するということは誤解を恐れずいえば覚悟が足りなかったということです。


そんな状態でも恨みを晴らすのであれば復讐屋にでも頼むことを検討すべきでしょう。




目的は恨みを晴らすことです。


そのために復讐を実行するという手段がありますから、その手段は確実に履行しなければなりません。


であれば躊躇するくらいであれば他人に任せてしまった方が得策なのです。

2018年02月08日

関係のないところで恨みを晴らす意味はない

恨みを晴らすというのは当事者同士で発生すべきことで、関係のないところで恨みを晴らすという流れに乗る方がいます。


実際のところ行動に出た時には恨みも薄れるとは思いますが結局は本来のターゲットにダメージがなければ恨みはぶり返します。


ですので結論からいえば関係のないところで恨みを晴らす意味はないということになります。




つまるところ本来の復讐相手に何かしらを実行する手立てがないから関係のないところ、という考え方なのだと思います。


しかし関係がないところに何をしても本質的には解決したことにならないのです。


さながら復讐せずに恨みを忘れようとしているのと似たような状況といえます。




忘れようとしても結局はキッカケさえあれば思い出してしまうのが恨みというものです。


復讐屋なり知り合いなりを利用してでも本来の相手に復讐しないことには何も始まらないのです。