2018年06月07日

絶対に恨みを晴らすことができる方法は自分が知っている

どこかにこの恨みを絶対に晴らせる方法はないかと探している方がいれば、それは灯台下暗しといいます。


そもそも恨みの原因というのは自分が知っているわけで、それが原因となって相手がどうなれば満足するかというのは自分の問題です。


ようするに相手がどうなれば恨みが晴れるかというのは自分で考える必要があります。




あくまでも候補ということなら復讐屋などに相談することによって選択肢が出てきますが、結局のところ選ぶのは自分です。


提示されたそれぞれの候補を見て、相手の行く末を予想して満足できるかどうかを決めなければいけません。


復讐屋というのはそもそも復讐を実行する業者であって、どうすれば依頼者の恨みが晴れるかという予知をしている訳でもありません。




相手がどのような結末に至れば恨みが晴れるか、その為に何をすれば良いか分からないから復讐屋に相談・依頼をする。


これが復讐屋の正しい利用方法であり、依頼者がメリットを享受できる使い方です。


まず絶対に恨みを晴らすことができる状況は相手がどうなっている状態かを考えるところから復讐は始まるのです。
posted by mine at 17:58| Comment(0) | 恨みを晴らす方法の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

恨みを晴らすおまじないはやっても恨みが更に大きくなる

「おまじない」というのは女性だけでなく男性も傾倒することがあり、思っている以上にポピュラーなものとなっています。


恋愛から願望の成就だけでなく、恨みを晴らす復讐にまつわるものもあって、当然ながら復讐心が芽生えたらそれを探すことがあるでしょう。


そして実行へと進んでいくわけですが、結局のところこは無意味どころか逆に恨みを大きくする結末を生みます。




おまじないの結果如何に関してはここで言及することはありませんが、即効性がないことは誰しもが理解をしているはずです。


それこそどんなおまじないでも即効性があるなら何かあるごとにやっているはずで、効果の程は別としてそうではないことが上記を証明しています。


つまり実行から効果が出るまでインターバルがある訳ですが、実際に恨みを持っている方は直ぐに効果が出てくれないと気が済まないという心理状況にあります。


しかし効果は直ぐに出ないので、あらぬところからストレスとなり、ストレスを解消するために恨んでいる相手をはけ口にして更に恨みが大きくなるという流れになるのです。




即効性を求めたいのであれば自分ないしは復讐屋などに実行してもらうという選択肢しかありません。


おまじないという間接的な手法を執るからには時間がかかるということを念頭に置くしかありませんので、待てないなら行動あるのみです。


どちらを選ぶかは個々の考え方に準拠して然るべきですが、適材適所があることは考えておくべきでしょう。

2018年05月17日

サイトで調べものをすれば恨みを晴らすことができる訳ではない


恨みを晴らすためにネットの荒波を乗り越え意図するサイトで調べ物をする。


これは昨今のネット社会において至極当たり前の行動ですが、サイトを眺めている時間が長かったりはしないでしょうか?


恨みという感情は時間が経てば引いていきますが、ふとした瞬間にぶり返すものです。


その際は当初よりも大きな恨みの感情が出てきてしまうものです。




そうなってしまうとより感情的になってしまい、収集がつかなくなる可能性も否定できません。


だからこそ最初の恨みを忘れないうちに行動していくことが望ましいのです。




復讐方法が分からなければ調べるという選択肢の他に復讐屋へ相談するという選択もあります。


全てのケースでそれが最善ということではありませんが、比較的良い選択肢であることは変わりありません。


なぜなら不意の恨みで復讐を計画する我々と違って、復讐屋は復讐を生業にしている玄人だからです。

posted by mine at 22:01| Comment(0) | 恨みを晴らす方法の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする