2018年05月01日

恨みを晴らすといっても結局は恨みが解消すれば何でも良い

恨みを晴らすことを考え過ぎると復讐の内容に拘りをもつようになってしまいます。


が、結局のところ目的は恨みを晴らすことであって恨みが解消すればそれで良いということになります。


もちろんそれが簡単にいかないから復讐をきっちりやるべきなのですが、目的と手段と入れ違えてはいけません。




あくまで復讐は恨みを晴らすための手段であって、復讐が目的になってしまっては恨みとは別のベクトルになってしまいます。


復讐を続けていくうちに恨みが解消されていればよいですが、いくら復讐をしても恨みがなくならないという状態になってしまうと最悪です。


しかし復讐が目的になってしまった方はこの傾向に陥りやすく注意しなければならないのは間違いありません。




そもそも一人で復讐をするというのは何からなにまで自分で考え行動していく必要があります。


だからこそ考えが極端になってしまい復讐のことばかり考えて恨みを晴らすことについて適当になってしまいます。


できることなら頼りになる友人に相談してみたり、復讐屋との相談の機会を設けてみるのが良いでしょう。

2018年04月24日

会社に恨みを晴らす方法は目的から考える

一言で会社に対して恨みを晴らすといっても様々な方法と着地点が存在します。


会社で働いている一部のターゲットに復讐をしたいのか、それとも会社全体なのか。


またその会社がどうなることで自分の恨みは晴れるのかなど人によって復讐のスタンスというものが変わります。




場合によっては未払い賃金など金銭的な解決をもって恨みを晴らすというケースもありますから、自分で明確に目的を持つことは重要です。


更にいえば会社というのは法人格を所有しており、それがもつ権利というのは想定外の力を持っていることがあります。


単身無計画に復讐をしようとしても返り討ちに遭って余計に恨みが大きくなる可能性すらあるでしょう。




そうならない為にも目的と計画をしっかりと練って、必要な助力はしっかり頼るべきです。


金銭系であれば士業の力が必要になってくることもあるでしょうし、そういった士業系に頼れないところは復讐屋などもあります。


法人が相手であるというのを前提に自分だけでなく周りを巻き込むことが会社に恨みを晴らす王道とも言えると思います。
posted by mine at 00:00| Comment(0) | 恨みを晴らす方法の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

恨みを晴らすというのは何を果たすかということ

恨みを晴らすというのは実のところ非常に抽象的な言葉だったりします。


恨みがあるから晴らしたいのは分かりますが、何をもって恨みを晴らせるかは本人にしか分からないことです。


自分で復習を最後までやり遂げるなら自分で何を果たせば良いか考えるだけで良いともいえます。




しかし復讐屋など復讐代行を依頼するとなると、これはもう恨みを晴らしたいだけでは解決しない状態になります。


ターゲットに対して何が起これば恨みが晴れるのか、何を果たすことで恨みを晴らせるのかを明確に伝えないといけません。


また解決方法は1つではないため、一歩進んだ相談をする必要があります。




基本的にどんな手段で復讐を行なったとしても恨みが晴れるか晴れないかは自分にしか分かりません。


だからこそしっかりと言葉で復讐の着地点を伝えることが何よりも重要です。


例え1人で復讐を遂げるとしても方針がブレないというメリットがありますから、何を果たすべきかは事前にはっきり決めるべきでしょう。
posted by mine at 13:23| Comment(0) | 恨みを晴らす方法の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする