2017年11月07日

恨みを晴らすのは不幸と言っている人物は気にするな

恨みを晴らしたり復讐することは良くない、不幸なことだと説いてくる偽善者が世の中には多いです。


まさに偽善者以外に言葉が見つからないのですが、そういった方たちは自分の考えを押し付けているだけで生産性がありません。


自分が復讐したいと思った、恨みを晴らすと決意したから行動している方たちにとっては害悪にしかなりません。


物事の価値観は自分で決めれば良いだけですので、それが良くないことだと思ったら耐えれば良いでしょう。


特にそうは思わないなら行動あるのみです。




そもそも人の決意を否定しようとしてくる人物は、自らが同じ境遇だった時に挫折した等で足を引っ張りたいだけです。


日本は宗教国家ではなく法治国家なのですから合法的なことであれば何でも許されます。


そして当人が気に食わない時に倫理観だのといった思想的なことを持ち出して批判してきます。


もう一度いいますが日本は法治国家ですから、合法なら復讐も何ら問題ありません。


あとは自分の決意の程で行動が決まるものです。




ただし法に触れる復讐方法というのは前述の通り許されませんからオススメもできません。


合法的に恨みを晴らすことを念頭に置いておけば結果として不幸になることはないでしょう。


1人でやれないなら復讐屋などの業者も存在しています。


恨みを晴らすことを諦めない限り解決策は用意されているのです。

2017年11月06日

まず相手がどうなれば恨みを晴らすことができるか考える

誰かを恨んで直感的に復讐してしまうという方は非常に多いですが、その殆どはろくに復讐しきれず恨みを晴らすことができずに終わります。


そもそも相手が何かしらしてきて恨みを持ったのですから、感情的な自己完結の復讐で上手くいくはずがないのです。


恨みを晴らすなら相手をどうしたいかキッチリ考えていくことは必須だと思うべきでしょう。




逆にしっかり相手をどうしたいので、こういう復讐をすると計画を立てて行動した方ほど上手くいき、恨みを晴らすことができています。


何ごとも計画性とはよく言ったものですが、恨みを晴らすことだって計画性が大切なのです。


特に難しいことを考える必要もなく相手がどうすれば自分が満足する=恨みを晴らすことができるかという点を考えることがスタート地点です。




もちろん復讐の着地点が決まれば行動の為の計画に入っていくわけですが、様々な事情により計画することや行動することが難しいなら第三者の手を借りることだって可能です。


最もシンプルかつ頼れるところとして復讐屋などの工作業者というのが候補に挙がります。


業者ですから料金はかかりますが毎日それぞれの専門分野に従事していますから、素人が復讐するよりも効率的ですし確実性も上がります。


そこまでして復讐したい訳ではないということなら利用する必要もありませんが、失敗して後悔する姿を想像してしまうくらいなら相談くらいはしましょう。


結局のところ一番優先すべきことは恨みを晴らすことができるかどうかなのですから。

2017年11月03日

恨みを晴らすことと復讐の違い

表面上の言葉だけ拾ってしまえば恨みを晴らすというのは目的であって、復讐は手段となります。


しかしそれだけが双方の違いという訳ではありません。




そもそも恨みを晴らすというのは手段を問わず自分自身の恨みがなくなれば達成できるものです。


例えば容姿を馬鹿にされて恨みを晴らす為にダイエットに励み、その結果として理想的な身体を手に入れることができれば恨んでいる相手を見返すことができるでしょう。


これで恨みが晴れるならそれで良しという話ですし、復讐といわれるような事もしていないはずです。


つまりは復讐をせず恨みを晴らすことができたケースとも言えるでしょう。




それに対して復讐というのは相手に何かしらの変化をもたらすものです。


復讐の内容は今回問わないとしてターゲットに対して何もしない復讐というのはあり得ませんし、それは前述の通り復讐ではありません。


ターゲットになにかしないと恨みが晴れないという時に考えるべきことが復讐である上、その方法というのが合法的なものであれば何ら問題ありません。


復讐と聞くとネガティブなイメージを持たれているものですが、人それぞれ何かしらで報復行動をとったことがあるはずです。


その行動が法的に問題あるかどうかが重要ですし、なにより恨みを晴れるよう計画を練っていくことが大切です。




これが恨みを晴らすということと復讐の本質的な違いです。


恨みを晴らすというのは自分事であり、復讐というのは相手ありきであるということですね。