2018年03月27日

簡単に恨みを晴らす方法とは

簡単に、と一言でいってもイージーという意味なのかシンプルという意味なのかで簡単に恨みを晴らす方法というのも話が変わってきます。


しかし両方の意味で簡単であるならこれ以上なにもいうことはないわけで、そういった願望の答えの1つが復讐屋という選択肢だったりもします。


もちろん何でも思考停止して復讐屋を利用すべきだということではなく、第三者に依頼する=コストがかかる以上使い所というのは大切です。




自分でやろうにも上手くいきそうにないケースであれば良い選択肢となりますが、自分でやれる小さな復讐で利用するのは勿体ないでしょう。


あくまで簡単にということであれば第三者を使うという選択肢はかなり理にかなった選択だとは思います。


ですが何でもかんでもイージーに考えていてもうまい具合にいかないという話もあったりします。




例えば検討に次ぐ検討で最終的に復讐屋を使うとなったとして、自分が思い描いている着地点をしっかり伝えられなかったりすると想定外の結末になります。


あくまで復讐屋というのはイージーかつシンプルな選択肢であることは間違いありませんが、それでも手放しで見ていれば良いという訳でもありません。


自分の復讐を代行してくれる存在ではありますが、何も伝えず自分の思い通りに動いてくれる駒ということでもないのです。

2018年03月15日

恨みを晴らす時にメールを使うのは望ましくない

端的に恨みを晴らすとなるとメールや電話などで話をつけようとするかもしれません。


しかし恨みを晴らす、つまり復讐においてメールなどで攻撃をすると思わぬところで落とし穴にハマる可能性があります。




そもそもメールというのは文字が全て残るようになっていますから、少しでも法に触れることを言ってしまったらアウトです。


それに加えて恨みを晴らすために復讐心を燃やしている訳です。


これで攻撃的な言葉が出ないわけありませんから、法に触れようとすれば簡単に触れてしまう状況ということです。




結局のところメールで恨みを晴らすというのはリスキーでしかないという結論になります。


簡単に済むので楽かもしれませんが、リスクとリターンが見合う選択肢を選ばないと自滅してしまいます。


これらをバランス良く検討し自分でやるか復讐屋などに任せてしまうかなどを考えていくと良いでしょう。
posted by mine at 14:48| Comment(0) | 恨みを晴らす方法の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

恨みを晴らすのは全て自分次第である

恨みを晴らすからには当然ながら誰かに恨みがあるわけで、それをどうするかは結局のところ自分次第です。


やるかやらないかということになりますが、恨みを晴らさずストレスに耐える状況になってしまった場合は悲惨です。


自分一人で溜め込んでしまいますからどんどんハマっていってしまいます。


ですので晴らすも晴らさないも恨みの度合いで決めた方が良いかもしれません。




恨みを晴らすなら晴らすでキッチリやっていくべきですし、やらないなら直ぐ水に流してしまった方が良いです。


恨みがぶり返すというのは大きな恨みを無理やり押さえ込んで忘れようとしているケースで、これが最も良くないパターンになります。


自分で決めたことですので、その選択を否定も肯定もしませんが後悔だけはしない選択をすることをオススメします。




恨みを晴らすと決めたら後は自分でやるか他人でやるかの選択になってきます。


自分一人でやるのは手っ取り早いですが限界も早いですから、より堅くいくなら他人の協力も得た方が良いでしょう。


友人や知人に相談するでも良いですし、復讐屋に相談するでも良いです。


やると決めたからにはやり遂げることが重要です。