2017年10月27日

恨みを晴らすことを代行してもらうなら復讐屋へ

今の時代とても便利なサービスで溢れていて、様々なものを代行してくれる業者が存在しています。


恨みを晴らすことでさえ復讐屋という代行サービスがあるくらいですから、法的に問題がなければどんなものでも引き受けてくれる世界です。




さて、そうなると復讐屋はどうなのか?という話ですが、これも問題が全くありません。


そもそも復讐という言葉の響きがネガティブで悪いイメージを引き起こしているだけだったりします。


というか恨みを晴らす為の復讐そのものが法に触れるなら今の世の中は犯罪者だらけです。


しかしそういうことではないでしょう、事実としてそうではありません。


つまりは法に触れず恨みを晴らすことができるからこそ、それを代行する復讐屋が存在できるのです。




もちろん復讐というのはナイーブなもので、法に触れることもやろうと思えばできてしまいます。


しかし業者だからこそ線引をしっかりとして対応している訳で、逆にだからこそ業者として運営ができます。


仮に依頼者が法に触れることを依頼したら依頼者もろとも同罪となりますので、そのあたりの大きなリスクも抑止力になっているのでしょう。




利用のしどころとしては自分だけで対処できない復讐をしないと恨みが晴れない場合、業者に代行してもらうというところです。


単なる便利屋でさえ1時間の雑用をお願いしただけで5000円ほどかかるくらいですから、復讐を専門としている特殊な事情からも前述の便利屋よりも高額な依頼料が必要です。


それくらいの価格感なのに少し恨みを持っただけでポンポン頼むということはできませんから、自分で難しいならということが良いでしょう。

2017年10月26日

素人が恨みを晴らすならプロ頼み簡単に済む

復讐して恨みを晴らすというのは誰であっても経験があって当たり前のことです。


とはいえ復讐しようにも毎日のように何かしらの復讐を考えているという方はいないに等しいでしょう。


つまり当たり前のように誰でも経験することでも、いざとなると素人にすぎないのです。


そうなった時、簡単にかつ確実性をもって恨みを晴らすにはどうしたら良いのかというお話です。




安直かもしれませんが素人の技量で中途半端にやるくらいならプロに頼むというのは間違いありません。


水漏れしたからといって誰もが自分で直せる訳ではなく水道屋さんを呼ぶはずです。


同じように復讐にかんしても復讐屋というプロの業者が存在しています。


そこに頼むというのは1つの選択肢です。




しかしプロに頼むということはお金がかかるということになります。


恨みという世間的にはネガティブなものに対してボランティアはいませんから、必然的にお金のかかる業者頼みになります。


そうなった時にお金を使ってまで恨みを晴らすのは・・・と思うようなら、その選択肢は諦めるべきでしょう。


かといって我慢してストレスまみれの生活を送るというのもよろしくないでしょう。


そもそもストレスから解放されてのびのびと生活したいからこその復讐です。


本来の目的から逸脱した選択肢をとって本末転倒になるくらいであれば、もっと真剣に検討してみるのが良いといえます。

2017年10月24日

神社で恨みを晴らすということの意味

特に女性に多い傾向があると思いますが、神頼みや占いの類は誰しもが通った道かと思います。


実際のところ神聖な場所、いわゆるパワースポットにはそういった見えない力があると言われています。


が、その手の力というのはプラス方向に進む為のものとされているはずです。




そこで復讐に始まり恨みを晴らすという行為を神社などで実現することができるのかというお話です。


結論からいえば、これは考え方次第になってくると思います。


そもそも復讐というのは恨みを晴らすことによって清々しい生活を取り戻すための行為です。


つまりは自分にとってプラス方向に進むといっても差し支えないでしょう。


ですが世間的に復讐というのはネガティブなイメージがあります。


世間的にといいましたが恨みを持つ方それぞれも同じような印象があるはずです。




神社など神格を祀っている場所というのは本質的に聖の属性であって、ネガティブなもの、つまり邪を祓うところになります。


ということは恨みを忘れるために神社へ参拝し破邪を受けるという方向性であれば利用する価値があるかもしれません。


しかし神頼みで復讐を遂行しようとするのは方向性が違うと言わざるを得ないでしょう。




これらのことをまとめると、復讐を実行した訳ではなく恨みを忘れて元の生活に戻りたいなら神社などで行くのも良いかと思います。


しかし復讐したい相手に何かアクシデントが起きないか期待して神頼みをするというのは大きな間違いだといえます。


それを神頼みするくらいなら、復讐屋に頼み込んだ方がよほど建設的でしょうということですね。